アジングワームおすすめ厳選!良く釣れる実績バツグンの最強ワーム10選!

ワーム

アジングで釣果を上げるためには、ワームの選び方が重要です。ワームのタイプやサイズ、カラーによって、アジの捕食行動に大きな影響を与えます。

そこで今回は、アジングでおすすめの最強ワーム10選をご紹介します。状況や好みに合わせて、最適なワームを選んでみてください。

アジングでワームを選ぶ基準

ここでアジングに慣れていない人のためにワームを選ぶ基準を簡単に説明しましょう。すでに完璧という人は、この項目を読み飛ばして構いません。

ワームの種類はピンテールを中心に考えよう

アジングで基本となるワームはピンテール、ストレート系と呼ばれるタイプです。大抵の状況はこれだけでも対応可能ですが、ストレート系では攻略できない状況もあるのです。

例えば「ジグヘッドの重さを変えずに水中のフォールスピードのみを変えたい」ということもできるのです。種類を覚えていろんな状況に対応できるようにしましょう。

ピンテール ストレート

アジングで基本となるワームです。非常に似ている二種類ですが、メーカーによって定義が違うため、明確に「ここまでがピンテールでここからはストレート」という定義はありません。仮に分類わけするなら、以下のようになります。

・胴体と尻尾が分かれているものがピンテール
・明確に分かれていないならストレート

また、リブ(ワームボディに刻まれている凹凸のこと)が深くて多い方が、波動が強く、フォールスピードが遅くなります。高活性時やどこにアジがいるかわからないときに活躍します。

逆にリブが細かくないものは、活性が低いときや、ベイトフィッシュパターンで活躍します。

ツインテール

ツインテールはその名の通りテール(尻尾)が二つあるタイプのワームで、アミ系のベイトをイミテートするときに使います。ワームの長さを短くしつつボリュームを増やすことができるため、サイズのわりに比重を下げることができスローフォール有利になります。

ピンテールからシルエットも変えることができるため、スレたアジにも有利です。

パドルテール

テール部分が平べったい形になっており、ツインテールと同じくフォールスピードを落としたい、シルエットを変えたいときに使います。

ある程度サイズがないと反応がなく、スローフォールさせたいときに有効で、くびれが生まれやすい形状のおかげでショートバイト対策もできます。

シャッドテール

シャッドとは北アメリカやヨーロッパの沿岸に生息している小魚の名前で、尻尾が平たくなっているのが特徴です。

水流によって小魚が泳ぐように尻尾を振るのが特徴で、本来は小魚をイミテートするためのワームです。ただ、アジングの場合は小魚をイミテートするためだけに使うものではありません。

シャッドテールは波動の強さはもちろん、アジが捕食するときに水流によって口に入りやすくなります。そのためプランクトンパターンでも普通に使います。

カラー選びはアジからの見つけやすさと自然に見えることのバランスが大事

アジング ワームカラー
アジングで使う主なカラーはこんな感じ。下に行くほどアピールカラーになる。

どんなルアーゲームでも、まずはルアーを見つけてもらわなければ釣れません。マキエがないルアーにおいて、魚に見つけてもらうための工夫は重要です。

カラー選びもまず、アジに見つけられる色を選ぶことが大前提です。

ただし、それだけでは不自然な色になる可能性があります。普段は広く散らばっているプランクトンが「おにぎりのようにプランクトンが集まった見た目になっているの」と考えれば、わかりやすいと思います。

塊になったプランクトンの集合体は、アジが冷静に見れるスレた状況なら不自然極まりないでしょう。そういった活性が悪いときはクリア系やクリアラメ系で攻めると食ってくる確率が高くなります。

ただしアジの活性が高く、荒食いしているときはハイアピール系が有効です。逆にこういう時ナチュラル系を使ってしまうと、アジからすればその辺に大量に漂っているプランクトンのうちの一つでしかないため、周りに散ってしまい釣果が減る可能性があります。こういうのはもったいない。

「緑系」「赤」などの色の違いについては「こういう風にすれば釣れる」といった明確な違いはありません。なんとなく「オキアミ系のカラーが釣れそう」といった印象があるかもしれませんが、アジはオキアミだけを食っているわけではないので、「緑系」や「チャートカラー」でなければ食わないケースもあります

グロー ソリッド

また、透明度のないソリッドカラーも状況次第では役に立ちます。ベイトフィッシュパターンやゴカイパターンで実績が高いカラーです。

アジング最強のワームランキング10選

1位 レイン アジアダー

レイン アジアダー
引用元:レイン公式HP

バス釣りのワームなどで有名なデプスの「デスアダー」とのコラボでレインによってアジング向けに作られた最強のピンテールワーム。

コスパ最強の一本あたりの価格40円という破格の値段であるにも関わらず、とにかく釣れる。テール部分にもびっちりリブが刻まれていて、深すぎもしないのでナチュラルな微波動を生み出してくれます。

実績もばっちり! 僕だけではなく多くの人が釣果を出しています。パイロットルアーとしてもスレたアジに対しても有効なめちゃくちゃ使えるワームです。

色の種類全26種類
入り数15本
サイズ(in)2.0in
メーカー価格(税込価格)600円(660円)
一本あたりの価格約40円

2位 DUO バーニー

DUO バーニー
引用元:DUO公式HP

豆アジパターンからプランクトンパターン全般に対応できるツインテールワームです。

ショートバイトが多発する状況でもハリが上顎に届きやすく、小型のわりにツインテールのおかげで少し大きめのシルエットになるため食いもいい使い勝手のいいワームです。

堤防での攻略は1位のアジアダーと含めてこの二つでだいたい何とかなるほどの強力なワームです。

色の種類全17種類
入り数12本
サイズ(in)1.6in
メーカー価格(税込価格)500円(550円)
一本あたりの価格約42円

3位 ジャッカル ペケリング

ジャッカル ペケリング
引用元:ジャッカル公式HP

深めのリブとX形状のテールが特徴のパドルテール寄りのワームです。アジの捕食時にテールがしっかり折れ曲がるため、ハリ掛かりもいいです。

リブの深さから波動は強め。独特なX形状のテールがこのワームにしかできない誘いと食わせの力を生み出します。

波動は強く、フォールはゆっくりという状況を作りたいなら、こいつがおすすめです。

色の種類全32種類
入り数10~8本
サイズ(in)2~3in
メーカー価格(税込価格)450円(495円)
一本あたりの価格約45~56.2円

4位 イッセイ 海太郎 スパテラ

イッセイ 海太郎 スパテラ
引用元:イッセイ公式HP

尻尾がパドルテール寄りのストレートワーム。プランクトンパターンからベイトフィッシュ、ゴカイパターンでも活躍できます。

3in以外はアジアダーより安い単価の39.2円の上に特徴的なテール形状。正直1位でもいいかなと思うくらいのワームです。

今回はあくまでアジング最強のワームという考えからおすすめを選出しているため、4位としましたが、正直ここまで出たワームがすごすぎて、あくまで万人向けとなるとアジアダーだし、特徴的な印象だとバーニーやペケリングの方が強力なので、今回は泣く泣く4位にしました。

色の種類全17種類
入り数14~9本
サイズ(in)1.5~3in
メーカー価格(税込価格)550~600円(605~660円)
一本あたりの価格約39.2~66.6円

5位 ジャッカル アミアミ

ジャッカル アミアミ
引用元:ジャッカル公式HP

ジャッカルのアミパターン攻略向けワーム。リブが多めでシルエットは小さくテールは細く折れ曲がりの良さが特徴のワームです。

驚きの1in以下のマイクロサイズも登場しており、夏の豆アジパターンや活性が悪くなる春の産卵後、冬アジングで活躍します。

スローフォールにも特化しており、漂わせながら食わせるならアミアミもおすすめです。

色の種類全24種類
入り数10~8本
サイズ(in)約0.9~2.3in
メーカー価格(税込価格)450円(495円)
一本あたりの価格約45~56.2円

6位 レイン チビキャロスワンプ

レイン チビキャロスワンプ
引用元:レイン公式HP

リブが浅めのピンテール。テール側にリブを深めに刻んだ、食いが浅い低活性アジに対応できるワームです。

アジンガーによってはアジアダーよりチビキャロスワンプの方を勧める人もいるくらいです。

ベイトフィッシュパターンでも使いやすい、ぜひローテーションにぜひ入れてほしいワームです。

色の種類全26種類
入り数15本
サイズ(in)2in
メーカー価格(税込価格)600円(660円)
一本あたりの価格約40円

7位 ダイワ 月下美人 シラスビーム

ダイワ月下美人 シラスビーム
引用元:ダイワ公式HP

名前通りベイトフィッシュパターン最強のワームです。リブは一切なしの独特な形状と、ダートアクションとの愛称の良さがうれしいワームです。

波動がかなり小さいので低活性のアジにも反応を集めることができます。

ボディ中央にイワシ油を練り込んでおり、独特なにおいを発してくれるダイワらしい、高い技術力のワームです。

色の種類全19種類
入り数10本
サイズ(in)1.5~2.8in
メーカー価格(税込価格)500円(550円)
一本あたりの価格約50円

8位 34 キメラベイト

34 キメラベイト
引用元:34公式HP

名匠、家邉克己率いるアジング特化のメーカー34。このメーカーのワームは特徴的な形状のものが多いですが、その中でも極めて独特なのがこのキメラベイト。

そのボリュームから単価は高いものの、そのおかげでリグ全体の比重が低くなり、さらにエアポケットを設けているため、リブが浅いわりにスローフォールしやすいというスレたアジに対して有利なワームです。

また、高活性なタイミングでもシルエットが大きめなため、波動より見た目で誘ってくれる独特な形状のわりに使い勝手のいいワームです。

色の種類全18種類
入り数8本
サイズ(in)2in
メーカー価格(税込価格)480円(528円)
一本あたりの価格約60円

9位 エコギア アジ職人 アジマスト

エコギア アジ職人 アジマスト
引用元:エコギア公式HP

コスパは今回選出された製品の中では最強クラス。リブの形状も特徴的で、おかげでハリ掛かりもいいシンプルイズベストなワームです。

ボディがやや扁平になっているため独特なスライドフォールを実現することができます。

Amazonランキング上位常連の超名作ワームです。

色の種類全16種類
入り数10~12本
サイズ(in)1.6~2.4in
メーカー価格(税込価格)450円(495円)
一本あたりの価格約37.5~45円

10位 クリアブルー デカジール

引用元:Amazon

尺アジ特化のロングピンテールタイプ。大型のヒレがついており、タダ巻きだけでも小魚が逃げるようなアクションを生み出してくれます。

弱々しく漂う小魚をイミテートして尺アジを積極的に狙うことができる特徴的なワームです。

色の種類全8種類
入り数8本
サイズ(in)2.8in
メーカー価格(税込価格)500円(550円)
一本あたりの価格約62.5円

番外編 100均ならこれ! セリア 8面体ワーム

セリア 8面対ワーム

近年徐々に勢力を伸ばしている100均系の釣り具。アジングでも強力なラインナップが登場していますが、その中でもアジングでおすすめなのがこの「8面体ワーム」です。

特徴は言わずもがな価格破壊級の超コストパフォーマンス。その上日本製のオリジナルデザイン。ジグヘッドのサイズを問わずくびれができやすい形でハリ掛かりもいいです。単価がめちゃくちゃ安いので躊躇なくカットして使えるのもありがたいところです。

カラーもなかなか優秀なので、とりあえずカラーバリエーションをそろえておこうという考え方で購入するのもあり。お近くにセリアがあるなら買いそろえるのもいいのではないでしょうか?

色の種類全6種類
入り数5本
サイズ(in)1.8~2.5in
メーカー価格(税込価格)100円(110円)
一本あたりの価格約20円

まとめ 広く集めてさまざまな状況に対応できるようにしよう!

いかがでしたか? アジングワームは他にもたくさんの種類があります。今回は僕の視点から最強ワームを選出しました。なので釣果は保証できます。

ただ、フィールドによってヒットルアーも変わってくるので、まずはいろいろ試してみましょう。

そのため今回紹介したワームも選出から外れたワームも、どれも1位になってもおかしくないものがたくさんあります。

自分なりの最強ワームを見つけることが、ルアー最大の楽しさでもあり、釣果を伸ばす最大のポイントでもあるのです。まずは、自分なりの攻略法を見つけてみましょう、

コメント

タイトルとURLをコピーしました