おすすめアイテム

スポンサーリンク
その他リグ

遠投有利なヘビーリグなのにスローアクションが魅力 キャロライナリグの利点

多くの釣りでは遠投正義と言われます。アジングの場合は言うほど遠投が重要な場面は多くありませんが、相手が広大な海を自由に泳げる以上、遠投が必要な場面は必ずあります。特に常夜灯などの近距離を狙えない、あるいはアジがいないなら広範囲に闇夜をランガンするケースだってあります。そんな時はキャロライナリグはいかがでしょう?今回はキャロライナリグの利点と使い方のコツをご紹介します。
その他リグ

アジングにおけるスプリットショットリグの利点と使い方 弱点も解説!

遠投リグで簡単かつ気軽に使えるスプリットショットリグ。お手軽遠投リグの代名詞的な立ち位置ですが、経験を得ていくうち使い所に悩むのも、このスプリットリグだったりします。では、スプリットリグの利点とはなんなのか? 詳しく解説していきましょう。
その他アイテム

夏のアジングシーズン しっかり熱中症対策をしておこう!

「今年の夏は暑い」という言葉を何度聞いたことか、近年は暑くない夏は存在するのか怪しいところです。そんな外に出るのも辛いシーズンでも、平気でサマーパーリィするのが釣りバカというもの。当然アジンガーも例外ではなく、大体釣果情報調べれば、ほぼ全国に釣りバカはいます。ただし、バカだからといって熱中症になっては元も子もありません。では、アジンガーなりの熱中症対策をご紹介しましょう。
ロッド

アジングでこだわるならリールよりロッド! 高級ロッドの利点と厳選アジングロッド

アジングでお金を掛けるとすれば、どこがいいのでしょう? お金がかかると言えばロッドかリールでしょう。さて、この二つどちらも高級品に変えられるならベストなのですが、どちらか一つに絞るならどこでしょうか? 僕なら自信をもって「アジングはロッド一択」と答えます。なぜそうなるのか。紐解いて解説した後、厳選した超人気5ブランドのハイエンドモデルアジングロッドをご紹介。
ロッド

A4サイズの仕舞寸法に秘められた圧巻の感度 がまかつ ラグゼ パックスタイルA4レビュー

パックロッドで重要なのはその仕舞寸法。ところが、人間とは難儀なもので、例えば「49cm」と言われても、具体的にどのくらいのサイズか、すぐにはよくわかりません。ところが、最近「A4」という商品名を見るだけでも仕舞寸法がわかるという「その手があったかーっ!」という携帯性抜群なロッドが登場。それが「がまかつ ラグゼ パックスタイルA4」なのです。
その他アイテム

梅雨アジングのために雨対策! 釣り用レインウエアの選び方とおすすめ10選

雨の中でも気にせず釣りをするために、必要となるのがレインウエアの存在。低活性だとアジが浮きやすくなるのでアジングも楽しくなるでしょう。 ただ、「100均のカッパでもいいやー」と思って適当に選んでしまうと、帰ったときにはびしょ濡れ。着込んだ意...
その他アイテム

必要? 不要? アジングにおける偏光グラスの選び方とオススメ9選

ナイトゲームが主体のアジングでは、偏光グラスは少し重要度が低く見られがち。確かに暗闇で偏光グラスをつけるのは、闇に闇を重ねるようなものだから、あまり使う人はいないかもしれません。ただ、マズメやデイ攻略には偏光レンズはマストアイテムといっていいでしょう。また、ナイトゲームにおいてもまったく必要ないと言い切れません。今回はそんなアジングにおいての偏光グラスについてお話します。
ワーム

アジングワームおすすめ厳選!良く釣れる実績バツグンの最強ワーム15選!【2024年更新!】

アジングで釣果を上げるためには、ワームの選び方が重要です。ワームのタイプやサイズ、カラーによって、アジの捕食行動に大きな影響を与えます。そこで今回は、アジングでおすすめの最強ワーム10選をご紹介します。状況や好みに合わせて、最適なワームを選んでみてください。
ジグヘッド

アジング界隈を揺るがす? タングステンジグヘッドの利点を知ろう!

ジグヘッドのオモリ。基本的には鉛が使われることが多いのですが、近年急速に人気を伸ばしているタングステンジグヘッド。いわゆるTGという奴です。 正直初見では僕も半信半疑だったのですが、使ってみて「なるほど! これは使えるぞ!」となって早数ヵ月...
その他アイテム

【アジング】コンパクトに持ち歩ける! ワーム&ジグヘッドケースの利点と選び方

アジングを知れば知るほど「あ、あのワーム気になる!」「あのジグヘッド使いたい!」などと欲望があふれて来て、気が付いたら持ってるワームの種類がとんでもない量になっていることも。そんなワームやジグヘッドをまとめるために便利なのがタックルケース。今回は、そんなタックルケースを使う利点と使い分けをご紹介します。
スポンサーリンク