【小説】JKとアジングとサイボーグと 三話「アジングをする理由」

ストーリー

「じゃあ厳さん。お魚持っていきますね」

「おお。気ぃ付けてもっていってな」

 楓にとっては早めの春休みとなった2月も終わり、島にもすでに桜のかおりが漂い始めていた。その間ほとんどの時間を島で暮らした楓は、この暮らしにも慣れ始めていた。

「楓! お魚お父さんに届けたら、今度はこっち手伝ってもらえる?」

 フェリー乗り場から母の言葉が聞こえた。頭巾をかぶり、大荷物を30代前後の人たち数人で手分けをして運んでいた。

「はーい!」

 離島の暮らしとなると、その食糧事情は芳しく悪い。

 まず、当然だがコンビニがない。一応一軒家を改造した販売店が1つ残っているが、ほとんど死んでいるようなもの。となると、島民は魚以外の食事をどうしているのかといえば、フェリーを使い、本島で買い出しを行い、そのあと数人のボランティアで島民へと車で食事を配りまわる。

 今ではほとんどの島民が年金暮らし。しかもそのほとんど介護が必要な人だ。田畑を育てる環境もない。なので米やパンなどは九州で仕入れる必要がある。そのため一部のボランティアや介護士が動けない島民のために、こうして買い出しをしているというわけだ。

「ありがとう。助かったわ」

「いいよこのくらい」

「勉強は終わった? 楓ちゃん来月から学校でしょ」

 と、荷下ろしを終えて一息付けた介護士のおばちゃんが話しかけてきた。

「う~ん。多分大丈夫?」

 控えめにそう話すが、楓の成績は悪い方じゃない。前の学校では中の上といったところ。まぁ悪くもなければ特筆するほどよくもないといった普通の学力。今度から通う湖倉港高校の編入試験を余裕で合格してる。

「まぁ、あなたなら大丈夫でしょ」

 溜息混じりだったが、母は太鼓判を押してくれた。

「今日も釣りに行くの?」

「う~ん。どうだろ?」

 悩む素振りは見せるものの、どうせ今からは暇だ。今からフェリーに乗っても本島側で遊ぶ時間もない。なら、釣りか海を眺めるくらいしかやることがない。

 楓は、食料の入ったパレットを1つ抱える。この食料は港近くの東方家に届ける分だ。持ち上げた瞬間、野良猫の一匹が、エサと勘違いしたのかすり寄ってくる。

「コラコラ、君の分はだいふく親方が釣ってくれるから。これは東方さんの分」

 エサじゃないと理解したのか、野良猫は少ししょんぼりとした表情をして、トボトボと離れていく。

「だいふく親方、元気にしてるの?」

 本島から手伝いに来てくれているボランティアの奥さんが聞いてきた。

「ええ、まぁ……」

 だいふくとは、釣りをする不思議な猫のことだ。楓は驚いていたものの、島民全員だいふくがサイボーグであることを知っていた。しかし、まるで当然そこにあるもののように、不思議がることもなく、だいふく親方と愛称をつけて呼んでいた。

 茜島には港が3つある。一番大きなフェリー乗り場がある港と、小さく今は使われていない港が2つ。その小さな港の一つに、その小さな影がたたずんでいた。が、楓がその姿を見たときには、釣りおえて、すでに竿を片付け初めていた。

 今日の釣果は20匹程度。そのうち一匹をまな板の上に乗せ、残りをクーラーボックスに入れた。

「……今日も唐揚げ? だいふく親方」

「猫の好みは人にとやかく言われるもんじゃねぇぜ……」

 近寄ってきた野良猫に一匹アジを投げてやりながら、黙々とだいふく親方はアジを捌き、小麦粉を器用に振りかける。そしてキャンプ用のコンロに、腕に仕込まれたビーム砲で火をつけ、油に熱を加えていく。

 ……親方は猫のクセに生ものが苦手だ。だからこうしてアジを釣ったら必ず揚げるなり焼くなりしてから食べる。

 だいふく親方は、この茜島の有名なサイボーグ猫である。……と、なるとだいふくの元の飼い主も察しがつくというものだ。この島の人物で、ロボットを研究していて、釣りバカと言えば、楓の祖父しかいないからだ。

 祖父が作ったサイボーグ初号機であり、愛猫であるだいふく。サイボーグの実現なんてとんでも科学、本来はメディアが取り上げないわけないが、現状どの新聞でもニュースでも取り上げられていない。

 その理由は祖父がその技術を、死の直前で世界に公表したからだ。

 結果、サイボーグ技術はもはや過去のものとされ、それ以外のロボットや最新のサイボーグ技術に注目が集まることとなった。また島民の協力も大きかった。特に、サイボーグ初号機という事実については、島民や楓の両親以外知らない。

 すべては、だいふく親方が平和に暮らすために島民が協力した結果。というわけだ。

「……気になったんだけどさ、だいふく親方はどうしてサビキ釣りをしないの?」

 楓の疑問は当然だった。

 だいふく親方は、島民が少なくなったことによる、野良猫の食糧問題を解決してくれている。

 もともとこの小島での猫の食糧は、島民がエサを買って与えていた。そのため、島民が少なくなればエサを与える人も少なくなるのは当然訪れる問題だった。

 特に積極的にエサを与えていたおばあちゃんが数年前天寿を全うした。食いぶちを失った猫がゴミをあさる問題が発生し、島民はほとほと困っていたのだ。

 そこでだいふく親方は「猫の問題は猫が解決するってのが道理だろう」と男らしく立ち上がり、以降島猫全員に釣ったアジを配り回っている。それが、だいふく親方がアジ釣りをする理由だ。

 ただ、そうなると釣り人としては当然の疑問もある。アジの釣り方だ。

「だいふく親方のやってるのって、ルアーってやつでしょ? サビキ釣りの方がたくさん釣れると思うんだけど……」

 楓も初心者なりに勉強した。本来は楓の言う通り、サビキ釣りの方が釣れる確率、数釣りに向いている点などの利点がある。ウキを使えば、遠く離れたポイントを狙うことも可能であり、集魚力の高いコマセ(マキエ)の存在もでかい。

「サビキはお子様の釣りさ……オレにはこっちの方が性に合っている」

「……どうせ私はお子様ですよーだ」

 ふてくされながら、楓はタックルを準備する。いつも親方より釣れていないものの、親方のアドバイスもあって釣果はだんだん安定してきていた。おかげで「味自慢 あじひら」のアジフライ、アジの唐揚げは人気メニューの1つとなっている。

 その理由と言えば、現役JKが釣った魚を食べられるという下心もあるわけなのだが、楓は気にしないことにしている。……エッチな意味というよりは、孫のような感情で接してくるので、微妙に断りづらいからだ。

「……なぜアジングをするかって……? そんなの決まってるじゃねぇか」

「なんで?」

「楽しいからさ……釣りをする理由なんて、それで十分さ」

「楽しいねぇ……」

 仕掛けを海に沈めながら、妙に自慢げに語る親方の姿を眺める楓だった。

 結局、釣ったアジの数は10匹。まぁ楓にしては頑張った方だった。

「うぅ……なんで猫に負けるだよぉ」

 だいふく親方は悔しがる楓を見て、ケラケラ笑いながらシシャモの焦げる臭いを楽しむ。

「おーい! 楓!」

 楓が歯ぎしりをしていると、遠くから父が手を振りながらやってきた。

「釣れたか?」

 しょんぼりしながら、楓は釣りバケツの中身を父に見せる。

「十分じゃないか。よく釣ったな」

「親方より釣れてないけどね……」

 アジを、クーラーボックスに納めながら楓はぼやいた。

「そりゃ、経験が違いすぎるからなぁ。じいさん仕込みの腕だし」

「……目に魚群探知機でも埋め込んでるんじゃないの?」

「そんな機能ねぇよ……」

 煙をふかしていたシシャモをひと口で食べ、親方はそう答えた。

「アジングかぁ……」

 親方は楽しいと言っていたが、本当に楽しいのだろうか? サビキ釣りも十分楽しい。だが、それを押し切るほどアジングというのは楽しいのだろうか?

「楓もアジングに興味があるのか?」

「そりゃあ、親方がやってるからなんとなくね」

 正直に言えば、だいふく親方がうらやましくも思えた。たくさんあるカラフルなワームを楽しそうに選ぶ親方の姿は、アクセサリーを選ぶ自分と似ているようにも見えた。

「そうか……じゃあ今度タックル揃えにいってみるか?」

「え? でもそんなにおこづかい残ってないよ」

「いつもアジを釣ってきてくれるから、安い奴なら買ってやるよ」

 すると、楓は宝石箱をもらったかのように笑う。思わずにやける父親に「親バカか」と親方がぼやいた。

「うるさいな。サビキ釣りできないくせに」

 父はそういった。

「……ん? サビキ釣りができない?」

 楓がその言葉に首をかしげると、顔を真っ赤にするように、親方はいきなり慌てだす。

「あはははははっ!」

 楓がゲラゲラと笑いながら見る先では、だいふく親方が楓のサビキ釣りタックルを持っている。

 小さな体には似つかわしくない大きな竿。そのため、グリップエンドが地面についてしまう。さらに自分の身長より大きくて地面に垂れ下がっているサビキ仕掛け。……そう、だいふく親方がサビキ釣りをしない理由は、至極単純な理由だった。

 身長が足りない。猫だからこそ起きてしまう、なんとも悲しいのか、かわいいのかわからなくなるような理由だった。

「わ、笑うな!」

「だ、だって……クククッ! あ、あれだけカッコつけてた親方が……ち、ちっちゃいからサビキ釣りできないって……か、かわいい……あはははは!」

「くぅ……剛! てめぇ!」

 剛と呼ばれた父は、いたずらが成功した少年のようにニヤニヤと笑っていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました